© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

BIOGRAPHY

The Future Jazz Quartet
関西ゆかりのメンバーで結成されたコンテンポラリージャズバンド。メンバーは、テナーサックス今井晴萌(いまいはるも)、ピアノ葭葉愛子(よしばあいこ)、ベース磯部直樹(いそべなおき)、ドラムBon Varon(ボンバロン)で構成されている。 ジャズを軸にしながらも、ソウル、ファンク、R&B、ブラジル音楽、クラシック、フュージョン等それぞれが幅広い音楽的趣向、活動フィールドを持つ4人が毎回予定調和なしの化学反応を起こす。 一貫した即興性の高さ、個性的でありながらどこか中毒性のある楽曲達は、他に類を見ないオリジナルなサウンドとして次第にリスナーの心を掴んでいき、ライブを重ねるにつれ音源制作を求める声も高まっていた。 2019年夏、ファーストアルバム制作のためのクラウドファンディングを実施し注目を集め、当初の目標160%超えの成功を収める。晴れてアルバムレコーディング、リリースツアーが決定! The Future Jazz Quartet ファーストアルバムリリースツアー日程 2019年 10月11日(金)東京 六本木Claps 10月12日(土)東京 淡路町Lydian 10月13日(日)滋賀 浜大津Baar Musica Tio 10月14日(祝)(昼)兵庫 神戸三宮Bar Request

今井晴萌 Harumo Imai
https://www.harumoimai.com

3歳よりエレクトーン、13歳よりサックスを始める。高校在学中から滋賀・京都を中心に演奏活動を始め、栗田洋輔氏に師事。高校卒業と同時に上京。 2016年単身渡米。テネシー州にて世界最高峰の伝説的ベーシストであるヴィクター・ウッテン、サックス奏者ジェフ・コフィン、ボブ・フランチェスキーニ等、著名なミュージシャンより学ぶ。

同年、ピアニスト葭葉愛子との双頭プロジェクトによるファーストアルバム、「original PROJECT BAND」をリリース(現在は完売)。 2017年より”菊池ひみこFunky Unit"加入。 現在は自身のグループをはじめ、コンテンポラリージャズバンド”The Future Jazz Quartet”のメンバーとしても精力的に活動している。

また”キーボードの魔術師”と称されるフィリップ・ウー(メイズ、ロイエアーズ等)、ナイルロジャース&シックの現ドラマーであるラルフ・ロール等、世界的に著名なアーティストとの共演も数多く行っており、絶大な信頼を得ている。

2019年、ヴィクター・ウッテンの来日ツアー全公演にゲストとして参加。

ジャズ、ファンク、ソウル、R&B、フュージョン等幅広いフィールドで活動しながらも、常に独自のスタイルを追求している新進気鋭のサックスプレイヤーである。

Harumo Imai is a Japanese saxophonist and composer. She began learning to play YAMAHA Electone at the age of three. At the age of thirteen she began playing saxophone and participated in a YAMAHA Electone live performance project for teenagers hosted by YAMAHA. This event was her first experience performing at nightclubs with other musicians, playing both YAMAHA Electone and saxophone.

At sixteen, Harumo started playing mainly saxophone at nightclubs in her hometown Shiga, Japan as well as nearby Kyoto. Soon after graduating from high school, she moved to Tokyo and began performing more actively.

In 2016, She traveled to the United States to participate in the music program VIXCAMPS, hosted by legendary bassist Victor Wooten and held in Nashville, Tennessee. She learned from Victor and other world-class musicians like Bob Franceschini and Jeff Coffin. 

Since 2018, She has been a part of “Ralph Rolle & The Funk Patrol” which is a Soul/Disco live project by world-renowned amazing drummer, Ralph Rolle (Nile Rodgers & CHICK, etc.).

In 2019, she appeared with Victor Wooten on his Japan tour as a guest musician.

Presently, Harumo is playing various styles of music, including Jazz, Funk, Soul, R&B, Rock, Fusion, and Free Improvisation. Although she currently lives in Tokyo, she often tours the west side of Japan performing as both a band leader and side musician.

葭葉愛子 Aiko Yoshiba

https://nemooo151.wixsite.com/aiko

三重県出身、京都外国語大学卒業(部活は探検部)、元国際線グランドホステスというユニークな経歴を持つ。6月2日生まれふたご座。ヤマハ音楽教室アドバンスコース上級科卒業。クラシックピアノを高校卒業まで続ける。ジャズピアノを木畑晴哉氏、堀越昭宏氏に師事。会社を辞めて短期渡米。Matthew Fries、Kevin Haysからも教わる。ミニキーボード、シンセサイザー、エフェクター、鍵盤ハーモニカ等を試験的に使った演奏にも積極的に取り組み、シンガーの伴奏でR&B、ソウル、ポップス、ミュージカル音楽等、ジャズ以外の経験も積む。独自の世界観を持ち、クリエイティブであることに重点をおき、多彩なオリジナル曲が特徴的である。

2015年に今井晴萌とのオリジナル曲メインのプロジェクトバンドで大津ジャズフェスティバルにゲスト出演。2016年にオリジナルプロジェクトのCDをリリース。(1年で完売) 世界最大規模の作曲コンペ International Songwriting Competition 2016 & 2017  & 2018のJAZZ部門、2017 & 2018のinstrumental部門、また、作詞作曲した歌ものの作品も2018のPerformance部門でSEMI-FINALISTに。2017年春にピアノトリオ、2018年にアメリカのゴスペルシンガーとのCDをリリース。

​現在はFJQ、ピアノトリオ、外国人シンガーの伴奏が主な活動になっている。

 

AIKO YOSHIBA, born in MIE prefecture, is a graduate from KUFS (Kyoto University of Foreign Studies). She began piano at 3 years old and graduated from the Yamaha School of Music. After a 4~5 year hiatus, she began to study under Haruya Kibata & Akihiro Horikoshi, both well-known jazz pianists. She also traveled to New York City, where she worked under the tutelage of Matthew Fries and Kevin Hays. She plays piano, synthesizer keyboard, effector, and Hammond44.

Currently, she is a prolific performer, arranger and writer producing shows in various styles of music including Jazz ,Funk and Pop among others.

 

2015 - Participant in Otsu Jazz Festival as a guest performer showcasing her original compositions

2016 - Released first commercial CD

        -SEMI-FINALIST in the International Songwriting Competition 2016

2017 - Released a piano trio CD

        - SEMI-FINALIST in the International Songwriting Competition 2017 

        - Also performs with other R&B, Soul, Pop, and Music acts throughout Japan.

2018 - Released her third commercial CD featuring original, pop and gospel music. 

 

Her unique compositions and peformance stem from her perspective of the world. Growing up in natural surroundings, she draws inspiration for her creativity from seeing nature and life from many angles. Something clearly evident in her compositions and playing.

磯部直樹  Naoki Isobe
http://intothenightmusic.com/index.html

 

4歳からピアノを始め、クラシックピアノをリヒャルトフランク氏に師事。11歳でウィーン国立音楽大学教授ゲルノット・ヴィニッシュホーファー氏(Vln)と共演。8歳からサックス、13歳からギターを始めその後ベースに転向。大阪音楽大学教授、福榮宏之氏に師事。

2013年から2017年にかけて毎年渡米し、ベーシストVictor Wooten主催「Vixcamps」に参加。Victor Wooten、Regi Wooten、Anthony Wellington、Howard Levy、Steve Baileyといったミュージシャンに教えを受ける。

菅沼孝三氏(dr)を招き、2016年ファーストアルバム「into the night」、2018年セカンドアルバム「into the night2」をリリース。セカンドアルバムには川口千里(dr)も参加。

2016年度リーリトナー6string theoryコンペティション、ベース世界6位。

ベーシストVictor Wootenのジャパンツアー2019の大阪公演にて今井晴萌(ts)と共にゲスト出演。立命館大学卒。

Born into a musical family, bassist and composer Naoki Isobe started to learn western classical music at the age of 4. Besides studying classical piano, Naoki started to play jazz and popular music on the alto saxophone at 8, rock and funk music on electric guitar and bass at 13. Then he started to play jazz gigs on bass during his high school years.

 

In 2013, when he was still in high school, he first took part in "VixCamps", which is a music and nature camp hosted by bassist, Victor Wooten. Since then he has paticipated in the same camp every year until 2017, and has learned music from musicians such as, Victor Wooten, Regi Wooten, Anthony Wellington, Howard Levy, and Steve Bailey.

 

With Naoki's older brother, Hiroki Isobe on electric guitar, he released his first progresssive rock and jazz fusion album "Into the Night" in 2016 and second album "Into the Night 2" in 2018 with drummers Kozo Suganuma and Senri Kawaguchi.

 

In 2016 Naoki placed as a 5th bass finalist in Lee Ritenor's Six String Theory Competition. In 2019 he sat in with the Victor Wooten band at Osaka’s Billboard Live with Harumo Imai on tenor sax.

 

Besides being a career bassist, he also works as a pianist on a contemporary jazz duo project with his brother Hiroki Isobe called "Into the Night 2".

ボンバロン Von Baron

https://vonbaronmusic.com

アメリカ・カンザスシティ出身。2016年、ハワイのホノルルから大阪へ家族と転居。

ベニー・ゴルソン、スタンリー・ジョーダン、エディ・ヘンダーソン、ドン・ホ、オタ・サン、フィリップ・ストレンジ, 行本清喜、里村 稔、古谷 光広、ボンバロンバンド、フューチャージャズクォーテット、ホノルル・ジャズ・カルテット、トミー・ジェイムズ、スタッフォード・ハンター(デューク・エリントン・オーケストラ)、ジェフリー・キーザー、シェリー・バーグ、ピート・クリスリーブ、アイラ・ネプス、ヘンリー・カポノ、ジェフ・ピーターソン、テレサ・ブライト、マット・ケイテイングブ とホノルル・シンフォニー・ポップス、その他様々なミュージシャンと共に国際的に演奏し、定評のあるドラマーである。

また、4枚のCD、“Pangaea“,”Souljourner“,”The Answer“,”Can You Feel It“をリリースしており、世界中のテレビ、映画、ビデオゲーム、ラジオで使用される曲も作曲している。

今まで1万回以上のドラムレッスンを指導した、ドラムインストラクターでもある。

Originally from Kansas City, USA, Von Baron moved with his family in 2016 from Honolulu, HI to Osaka, Japan.  Von is a critically acclaimed drummer performing internationally with musicians that include Benny Golson, Stanley Jordan, Eddie Henderson, Don Ho, Ota san, Phillip Strange, Seiki Yukimoto, Minoru Satomura, Mitsuhiro Furuya, The Von Baron Band, The Future Jazz Quartet, The Honolulu Jazz Quartet, Tommy James and Stafford Hunter (Duke Ellington Orchestra), Geoffrey Keezer, Shelly Berg, Pete Christlieb, Ira Nepus, Henry Kapono, Jeff Peterson, Theresa Bright and Matt Catingub & The Honolulu Symphony Pops among others.

In addition to his drumming career, Von has produced four commercial albums Pangaea, Souljourner, The Answer and Can You Feel It many other compositions for TV, Film, Video Game and Radio productions throughout the world.

Von is also a prolific drum instructor having taught over 10,000 drum lessons.  He recently moved his drum school online to DRUMMING4LIFE Where students enjoy Von’s warm and personable way of teaching through interactive video drum lessons.